ブックオフかメルカリか  コンビニ人間 村田沙耶香

次男が
メルカリで売ろうかブックオフに持ち込もうか
自由時間をどう使おうか悩み
結局ブックオフに持ち込むことにしたようです

15冊ぐらあったかなー?

3000円ぐらいにはなるでしょう、と次男は予想していたのに
結果は2300円ぐらい

次男にしてみたら全て新書で購入してるから
寂しい結果だったのかも。

 

昔、散々ヤフオクしてきて思うけど
その作業が面白いと思っているか
せめて嫌いじゃない程度じゃないとただただ辛い作業

次男はちっとも楽しくないみたいなので
貴重な休日の時間と引き換えに中古屋さんで売るのも正解だと思う

 

 

売ろうとしていた本の中に小説も紛れ込んでいて
袋から引っこ抜いて頂戴しちゃった

 

面白かったです

 

コンビニ人間 村田沙耶香

 

歯車のように生きていきたい
周りから浮かないように合わせて生きる

それが主人公の恵子にとって、とても難しいこと
コンビニバイト歴18年独身

 

感情がなさそうで実はある
好きな仕事もある

ハキハキと言葉にすることができて
恵子を羨ましく思う事もありました

最後もよかった

 

 

 

スポンサーリンク