結婚式のアルバムを処分

エアリズムからヒートテックに変わり
扇風機と床暖房の共存

急に寒くなりました

 

 

 

簡単な衣替えをしてる時

クローゼットの奥を覗くと結婚式のアルバムが目につきました

5人家族だった頃の家族アルバムは引き出し封印したままだけど

結婚式のアルバムは他の場所に保管していて
(結婚式VHSビデオや重厚なアルバムは処分済)

結婚式の類の最後の品

スナップ写真だけは飾らないショットや
ずっと会ってない友人が写っていて
捨てれずクローゼットの奥に忍ばせていた

 

 

 

でも
この日はあっさりと「捨てよう」に気持ちが向いて
アルバムも簡単にパラパラとめくり(これも前は辛かった)
若々しい元夫を懐かしく思ったり(私も若い!)

今は亡き父が懐かしい
バージンロードを父と一緒に俯き加減に歩く私の写真とか

義理父も亡くなってしまい
必要ないと分かっていても
両家揃った写真はもうないんだと思うと捨てることはできず
数枚だけ残し
あとはスッキリした気持ちで処分できました

 

 

それにしても
「もう捨てよう」と思った気持ちなんでだろうなぁ
何かきっかけがあったわけでもないのに
エイヤー!と気合もいれずに
不思議と気持ちの向きが変わっていった

 

 

 

 

日々毎日が過ぎていくと
自分にとって大きな出来事だったことも
段々しぼんでいったよ

 

(^^)

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク